1. TOP
  2. FXで稼ぐ
  3. ファンダメンタル分析でトレードを優位にすすめる方法

ファンダメンタル分析でトレードを優位にすすめる方法

FX ファンダメンタル分析 説明

ファンダメンタル分析を正しく理解しておく

為替チャートに影響する経済的な情報を知る

為替レートは、通貨の売 買が違えば上げ下げしていきます。

為替レートが動きを見せることは、この通貨を欲しい人物

多くなってきたり、減少したりしているのから す。

 

それを需要と供給(の関係) と呼んでいるのです。

通貨の需要と供給は、各通貨を 行する公的な景気といったの

状態(ファンダメンタルズ)、が違えば休む間もなく違ってくるのです。

 

これを観察してマーケットプライス の変容をつかもうとトライする

考 えものをファンダメンタルズ分析と呼んでいるのです。

 

ほとんどは、景気が快調 な国、金利の高い国、経済 の良い国の通貨は

急騰する と考えています。

 

かえって、不 景気な国や、戦争・紛争な どこの政情不安に遭遇された

国の通貨は、安価になると考慮し されるのです。

 

FXでは通貨ペア毎にこのの状態が比較対照され、マーケットプライスを

動かして やっているとイメージできます。

 

マーケットプライスを操作するファ ンダメンタルズのデータは

たくさん見受けられます。

 

ひとつの大 きなデータオンリーで上げ下げするこ ともあれば

いくつものデータによって相場が上げ下げすること も見られます。

再び、似たよ うなデータが言い表されても、 上げ下げのアプローチが

異なってくることもあ りるのです。

 

FXで取引される通貨にはメジャーカレンシーとマイナーカレンシーがある

ファンダメンタル分析

 

あらゆる国のトレーダーがそれなりに メインで取引してある通貨を一元的に

メジャーカレンシー と言います。

 

ほとんどはアメリカのド ル(米ドル)、EU圏のユーロ、日本の円

イギリスの ポンド、スイスのフランな どだと考えます。

 

この通貨はマーケットスケール がそこそこデカい(流動性が おっきい)から

取引も安定して ておるというのが一般的です。

 

世界景気は米国を中 心に回っています。

米ドル は基軸通貨と言って、世界 中の貿易や売買のスタンダードな

役 割を全うしてるのです。

その事情 だから、米国の経済動向は 例外なく多くの国が意識しています。

 

米ドルに次ぐ売買高を誇 るのがユーロになります。

EUの 進化と一緒に大きくなっていたが、ここ数年英国の EU退場によって

乱れてい るのです。

イギリスの通貨はユ ーロではなくポンドですが、 両通貨とも低迷しているのが現状です。

 

日本円やスイスフランは 経済環境の激化や軍事などでこれからが見通し辛いになったら

買わ れることがよくあります。

この ため、避難通貨(安全通貨) なんていうように言われる場合もあり るのです。

 

メジャーカレンシーの他 の通貨は丸ごとマイナーカレ ンシーと考えています。

各国には100より多い数量の通貨 が存在しますので、そのほとんどが

マイナーカレンシーであるということになる。

 

メジャーカレンシーと違 って、マイナーカレンシー は限られた国家や

エリアだけでしか出回ってなく、マーケットスケールも 大きくないです。

 

それを受けて、FXディーラーのス プレッドはマイナーカレン シーで

あればあるほど伸びる(広 く上る)ことがほとんどです。

 

ま た、マイナーカレンシーは 取扱量が多くない (流動性が 低レベル)からこそ

価格の幅が異常に激しく変わったり、売り買いが不可能に変わったり

したりするもので、要注意。

 

かと言って、マイナーカレンシーのその中には金利の高 い通貨が

たくさん見受けられます。

 

ニ ュージーランドのドル、南 アフリカのランド、トルコ のリラなど

両方とも数% の高金利に、なってしまっていること で注目を集めています。

 

金利が大きいというふうには、 金利の低い日本円を売って

この通貨を持っておいておくことで、スワップポイントをたくさん

いただける可能性が あるわけです。

 

ただ、気を付けておかなければならない点は、高金利通貨には景気がよくて

強いインフレ傾向にあることが原因である場合と、金利を高くしなければ

海外からの資金を調達できない経済的に不安定な場合と2種類あることを

知っておかなければなりません。

 

スワップポイントを狙った取引をするのであれば、取引通貨国の経済的な

事情を十分に熟知して取り組むことが、賢明でしょう。

 

通貨取引はすべて米ドルの影響化にある

米ドルは、FXの通貨ペ アであろうともダイレクトに影響する。

通貨ペアは理論的に、通貨 のアレンジの数ぐらいありますが、この内で

押さ えておかなければならないアレンジが 2種類あるものです。

 

1つは米ドルと他の通貨のペアで、ドルストレートと言います。

米ドル/円、 ユーロ/米ドルなど、片側 の通貨が米ドルならば

すべてドルストレートです。

 

もうひとつは、円と米ドルではないペアで、クロス円と いう名前です。

ユーロ/円、ポ ンド/円などが挙げられます。

 

各通貨は、米ドルとは直にトレードの駆け引きをしてい るのです。

しかしながら、米ドル以外 の通貨のケースでは、直接的なやり 取りは

少々しかありません。

 

例えば、円でユーロを買うときは、円を米ドルにし て、米ドルでユーロを買い ます。

それだけではなく売るときは、ユ ーロを米ドルに換えてから円 に戻すワケです。

 

一言でいうと、ドルストレート は2国間、クロス円は間接 的ながら

3国間の売買にな るというものです。

 

クロス円の売買にも、米 ドルのトレンドがある程度加味される事を

了解しておきましょう。

 

このドル・ユーロ・円の力関係はとても重要です。

無料のメール講座でしっかりと説明します。

 

経済指標はFX取引をするトレーダーは必ず理解する必要がある

アメリカの経済指標はトレンドにもっとも大きな影響を与える

ファンダメンタル分析

 

全世界の政権政党や省庁、中央 銀行などが開示する経済環境関係の

データを経済指標といい るのです。

 

このほとんどはデータ化さ れ、決まった日程に公開 されるのです。

この左右され て売買がなされて、為替レー トが違ってくるワケです。

 

トレーダーが意識してみる経済指標の情報は、全世界の景気

金利、雇用、財政、株価、消費、失業率など、多岐に至るものまで様々です。

 

経済指標を見るとき、も っとも気に掛けいただきたいのは、 事前予想という食い違いです。

これを『サプライズ』と呼びます。

 

このサプライズは相場に、一時的な大きな影響を与えるわけです。

トレンドが一時的に大きく変化することがあります。

良い結果が見込まれている時に、事実いい成果 が出ても、それ程

ビックリすることなんてないではないでしょう。

 

しかしながら、もしよくない結果が現れたらどうで しょうか?

すっかり衝撃を受けてしま うに相違ありません。

 

マーケットプライスを圧倒的に動かすことは、 こうした驚愕(サプライズ) なのです。

FX会社のホームページ などにおいては、紹介されたスケジュ ールを表示しております。

【ヤフーファイナンスで経済指標カレンダーをチェックする方法】

再び、事前予 想のデータが併記してあるこ とも見受けられます。

そういったと為 替レートを比較して考えると、 各指標の発表時にどのくら い

マーケットプライスが違ってくるの かが考えられるではないでしょうか。

 

アメリカの景気動向を占う米国雇用統計

経済指標には、国家トータルの 景気に該当するものの次に、 しかるべき

定められた一分野のみを、切り取ったものなど、たくさ ん発売されています。

 

一気にこの 全てから考慮しても、むしろ 乱されてしまうではないでしょうか。

そういうわけで、始めのころはアメリ カの経済指標を着目し た方が良いでしょう。

 

現在までお話してやってきた通り、アメリカ はワールドワイド経済のメインですし

米ドルは基軸通貨になります。

 

この行先はこれ以外の通貨ペアの動 きサイドにしても一定以上影響力を

与 えるのでございます。

 

そして、あなたが取引 を試みた通貨の国の経済指標 を活用してしてください。

ユー ロならユーロを利用している 国の中で景気スケールのでっかい

ドイツやフランス、円なら ば日本、ポンドなら英国というような具合になる。

 

こ れらを見続けていくと、発 表される意味の重大さや

それに伴うマーケットプライスについての、影響力の度合い

それ以外には相場観か読めるようになってくるでしよう。

 

経済指標の公開時は相場が荒れる可能性があります。

ポジションを保有する、もしくは発表時にポジションをとる場合は

リスクを覚悟して、取引することが大切です。

 

ビギナーの間は重要な経済発表時のトレードはお勧めしません。

 

最も見逃してはならない経済指標 は、世界経済環境のセンター

アメ リカの数々情報と考えられてま す。

 

取り分け米国人の雇 用に関した情報、米国雇 用統計は最優先取得時効です。

世界中で 話題になっているだとしても 間違いないでしょう。

公開 の実況を行なうFX会 社も存在するくらいです。

 

アメリカ雇用統計の一般公開は原則、毎月第1金曜日になります

(正 確には「前月の12日を含む 週の3週間後の金曜日」な ので

第1金曜日以外の ケースがあります)。

 

日本国内時刻の21時30分(4月~10月)、 22時30分(11月~3月)に 発売されます。

この内で特に大切なの は「非農業部門雇用者数」 と「失業率」の2つになる。

ア メリカには国内でいう終身雇用、正規スタッフの認識がな いため、経済の

良いか悪いかが すぐさま雇い入れに影響を与えると 想定できるワケです。

 

一口に言うと、雇用増・失業率 改善が認められれば米国 の経済が良くなる

(=ドル 高)、その反対に雇用減・失業率悪 化が認められれば経済環境が

悪く なる(=ドル安)という事です。

 

公表後、1円以上移り変わるケースだって珍しくあり ません。

 

このアメリカの雇用統計などの重要な経済指標の発表時に、一時的な

FXの取引、ようするに短期のプロトレーダーが一発的に勝利を求めて

多くのプロトレーダーが参戦しています。

 

このような状況下では、テクニカルチャートから相場を判断するのに

かなり高度な技術が必要ですし、かなり投機的なトレード要素が強く

なります。

 

私の経験則からお話すると、先程も話したように、一時的な異常値を

付けたとしても、為替のレートは正常値へと戻る作用があります。

その原理を利用して取引することも可能ではあります。

 

しかし、このような重要指標の発表や重要人物(米国・EU・日本の

中央銀行の要人の発言)など、相場に一時的な大きな影響を与えます。

 

その中でプロのトレーダー同士が、すさまじい心理戦を繰り広げています。

相手の裏の裏をかこうと必死です。

 

そのことを良く理解たうえで、参戦してください。

確かに一時的に大きく変動するために、大きく勝利することも可能でしょう。

 

しかし、逆の場合は一時的に大きく負けることがあることも事実です。

 

次のステップは

チャートの基本的な見方を学び、稼げるとレーダーを目指す

\ SNSでシェアしよう! /

ネット副業で稼ぐ技術マスターの注目記事を受け取ろう

FX ファンダメンタル分析 説明

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ネット副業で稼ぐ技術マスターの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*

11 − 10 =

この記事に関連する記事

  • チャートのトレンドを把握する移動平均線をマスターして稼ぐ

  • もっと本格的な取引を進めていこう‼

  • FX取引で稼ぐためには準備が重要!!

  • いよいよ取引をスタートさせてみよう‼

  • ボリンジャーバンドをマスターしてリズムをつかむ

  • 取引で大切なのは損切りをルールどおりにすることが大切

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。